日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

N邸リフォーム完了 :: 2008/11/29(Sat)

N邸ろフォーム完了、広角
N邸リフォーム完了。11月18日に、内部の写真をブログに載せています。庭師さんが入り、庭木の剪定が終わった北側外観です。
 このお宅は、27~28年前に私が設計・監理をさせていただきました。
この間2度ほどは、外部のメンテナンスのお世話をして来ました。今年になって、大規模なリフォームをすることになりました。きっかけは、耐震診断を受けられてのご相談でした。

数か所に耐震壁を設け、(基礎から施工したところあり)、吹き抜けだった居間に、2階梁を架け、合板で打ちつけ、15ミリの檜無垢板を本実継ぎで貼り付けて、床剛性を高めています。
吹き抜けだった処に、天井が新しく生まれましたので、杉板を張った天井にするにあたり、LDKは、それまでの突き板ピーリングを杉板に張り替えました。
LDK,と廊下、書斎、洗面所の床は、檜の上小節無垢板、壁はLDKと書斎を 珪藻土塗りとし、とてもしっとりした部屋となっています。

サッシはシングルガラスだったものを ペアガラス入りの樹脂サッシとし、採風雨戸を入れています。床下になかった断熱材を入れ、書斎など、性能が落ちた断熱材はとり変えました。
キッチンセットは、新しくしIHコンロを採用、庭に降りられるよう採風ドア樹脂サッシを附け、通風も可能となりました。
障子、ふすまも張り替え、外部も外壁材は吹き替え、木部の塗装も塗り替えました。

 住まいながらのリフォームですので、いろいろ不自由を御掛けしましたが、ほとんど新築の感じが味わえると、とても喜んで頂いています。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

名駅のネオンインスタレーション :: 2008/11/28(Fri)

081126_1939~0001名駅、ネオンのインスタレーション
名駅のネオンインスタレーション、次の写真に移行してゆく途中です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

名駅のネオンインスタレーション :: 2008/11/28(Fri)

081126_1939~0002名駅、ネオンのインスタレーション2、
毎年、新聞やTVニュースで見るだけで、ここしばらく実物を見る機会から遠ざかっていました。
カップルだらけの中、しばし眺めてきました。
ある街のシーズンが移り変わる様を見せているようです。
これは、花火の上がる夏の景色のようです。雪の降り積もる景色は、丘が白く雪化粧する様を見せていました。外の寒さを忘れさせてくれます。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

お花のインスタレーション :: 2008/11/28(Fri)

081122_1528~0001お花のインスタレーション
「田中英彦collection」は22日(土)まででしたが、引き続きチークの家具類は展示して、ご覧いただけることとなりました。(絵画、裸婦デッサン、旅のスケッチ、マスク類は引き揚げました)
その会場、like air+water のフロントガラスドアを開けると、飛び込んでくるのが、このお花です。
数日ごとに活け変えておられます。いつも、感心しながら潤いを頂いています。
そろそろ、クリスマス用のインスタレーションに、お目に掛かれるのでは?と、楽しみにしています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

奥嵯峨野のもみじ、 :: 2008/11/27(Thu)

081126_1250~0001嵯峨野、もみじ、
奥嵯峨野のもみじ。晩秋を感じに、奥嵯峨野、高雄に行ってきました。
紅葉はピークを越していましたが、堪能できました。
愛宕念仏寺の石羅漢や、高雄神護寺の1100年を超える、当時に思いを馳せながら、
こんな山奥の深い谷を越える、アップダウンの激しい、
誰も訪れないような処に、建築を造った人たちへの敬意、長い歴史の持つ重みに、
感動してきました。断片を写真でご紹介します。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

京都高雄の神護寺、金堂から見下ろす :: 2008/11/27(Thu)

081126_1425~0001金堂から、五大堂、毘沙門堂を見る
後に入れる予定が、順序が違いましたが、これは高雄の神護寺。金堂から、五大堂、毘沙門堂を見下ろしたところです。神護寺は、車を駐車できるところから、急な階段や石段を下り、渓流を渡り、
逆に傾斜のきつい石段を登る、健脚向きの古刹です。(フィットネスのランニングの成果ありです)
山門をくぐり,やっと伽藍に着いたとホッとすると、金堂はさらに急な階段を登ります。そして、本尊、国宝薬師如来菩薩が拝めるのです。
多宝塔は、さらに上にあり、紅葉超しに九輪が輝いていました。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

京都嵯峨野念仏寺石羅漢 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1208~0001京都嵯峨野念仏寺石羅漢
京都嵯峨野、愛宕(あたぎ)念仏寺石羅漢。約1200躰、これらは1200人の一般の参拝者が、
自らの手によって彫られたものとか。いろいろな表情があり、彫った人の思いが伝わってきます。 続きを読む
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

京都嵯峨野、おたぎ念仏寺付近できれいな針山 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1234~0001京都嵯峨念仏寺付近で針山
京都嵯峨野、おたぎ念仏寺付近で、きれいな針山を見かけた。
針を刺すのが躊躇われる。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

京都嵯峨野、化野(あだしの)念仏寺無縁仏と紅葉 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1248~0001京都嵯峨あだし野念仏寺紅葉②
京都嵯峨野、化野(あだしの)念仏寺無縁仏と紅葉、約1200年前、弘法大師が、野ざらしとなっていた遺骸を埋葬され、その後何100年という年月を経て、明治中期に地元の人々の協力で、無縁仏をあつめ供養し埋設した。この霊にろうそくをお供えする千灯供養は、光と闇と石仏が織りなす光景として名を馳せ、多くの参詣者がある。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

京都嵯峨あだし野念仏寺無縁仏と紅葉 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1252~0001京都嵯峨あだし野念仏寺無縁仏
京都嵯峨野、あだし野念仏寺無縁仏と紅葉
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

高雄の神護寺、金堂 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1415~0001神護寺金堂
高雄の神護寺金堂、弘法大師が唐より帰国、809年に入山、以来14年間住持され、真言宗立教の基礎を築かれた。ゆえに弘法大師を初代としている。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

高雄の神護寺多宝塔 :: 2008/11/26(Wed)

081126_1417~0001神護寺多宝塔
高雄の神護寺多宝塔、この中に国宝木造五大虚空蔵菩薩が眠る。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

皿鉢料理 :: 2008/11/24(Mon)

081123_1107~0001皿鉢料理のテーブル
土佐の皿鉢(さわち)料理です。父の7回忌に高知へ帰省してきました。通常は、皿鉢調理で自宅でもてなすのですが、母親も高齢となり、近隣の専門店で開きました。
昔(私が20代ころの記憶では)は、自宅でお祝いや、神祭、法事のときは前日から、下ごしらえをして、翌日は早朝か皿鉢料理を作っていたものです。婚礼などの大きな宴会時には、先輩が若い嫁に教示し、伝えてきていたのでしょう。
こういった、食の伝統文化も、伝承が危うくなっています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

皿鉢料理 :: 2008/11/24(Mon)

081123_1108~0001皿鉢料理
土佐の皿鉢料理。向こうに、鰹のたたきが見えます。白っぽいのは、にんにくの薄切りで、これを載せて食するのです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

N邸リフォーム :: 2008/11/21(Fri)

N邸リフォーム
N邸リフォーム、中庭に面した廊下は、断熱材を根太間に敷き、檜の無垢板に張り替えた。
木製のガラス戸からペアガラスの樹脂サッシに取り換えた。1部は耐震補強の壁になった。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

N邸リフォーム玄関の鏡 :: 2008/11/21(Fri)

081120_1617~0001N邸玄関鏡
N邸リフォーム、玄関の格子戸の内側に木製の網戸を附けた。その脇の子壁に鏡を取り付けたところ、中庭の緑が映り、何やら庭が向こうにあるかのごとき効果がでた。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

N邸リフォーム北側外観 :: 2008/11/18(Tue)

N邸リフォーム
N邸リフォーム北側外観。このお宅は、27年前に私が設計・監理をさせていただいた家です。
この間2度ほどは、外部のメンテナンスのお世話をして来ました。今年になって、大規模なリフォームをすることになりました。きっかけは、耐震診断を受けられてのご相談でした。

数か所に耐震壁を設け、(基礎から施工したところあり)、吹き抜けに2階梁を架け、合板で打ちつけ、15ミリの檜無垢板を本実継ぎで貼り付けて、床剛性を高めています。(遮音シートも入れました)
吹き抜けだった処に天井が新しく生まれましたので、杉板を張った天井にするにあたり、LDKは、それまでの突き板ピーリングを杉板に張り替えました。LDK,と廊下、書斎の床は、檜の上小節無垢板、壁はLDKと書斎を珪藻土塗りとし、とてもしっとりした部屋となっています。

サッシはシングルガラスだったものを ペアガラス入りの樹脂サッシとし、採風雨戸を入れています。床になかった断熱材を入れ、書斎など、性能が落ちた断熱材はとり変えました。キッチンセットは、IHコンロを採用、庭に降りられるよう採風ドア樹脂サッシを附け、通風も可能となりました。
障子、ふすまも張り替え、外部も外壁材は吹き替え、木部の塗装も塗り替えました。

ほぼ新築の感じが味わえると、とても喜んで頂いています。
住まいながらのリフォームですので、いろいろ不自由を御掛けしました。片付けが進んだお部屋で写真が撮れましたら、ご紹介します。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

N邸リフォーム :: 2008/11/18(Tue)

N邸リフォーム玄関腰掛け
N邸リフォーム玄関。中庭を望むピクチャーウインドの、床から35センチくらいに、檜の1枚板で腰掛けを造りました。下部には、花器などの仕舞える収納を床から浮かせて付け、ちょっとした履物は隠して置けるようにしてあります。庭を眺めながらちょっとした、接客もできそうです。他の部位は引き続きご紹介します。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木像とオーナメント :: 2008/11/06(Thu)

081106_1607~0001木像1、
木像とオーナメント。彼らの立っている板は、貝塚伊吹の大木をスライスしたもので、樹齢は不明です。
この表情は得難いです。後ろは木や石のオーナメント、
その後ろはヤシの木をくりぬいた壺?です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木像たち :: 2008/11/06(Thu)

081106_1606~0001ショーケース挟んだ木像
木像たち。手前のカップル?は紫檀でとても、重量感が、(実際に重いです)
その手前は石仏像、みんな仲良く並んで、
オーナーを待っています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木像とデッサン :: 2008/11/06(Thu)

081106_1605~0001木像のバックにデッサン
木像とデッサン、この苦味ばしった表情、後ろの裸婦を見せて和ませてあげたい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

マスクたち :: 2008/11/06(Thu)

081106_1602~0001石の上のマスクたち
マスクたち、とても魅力的な表情のマスクたち。でも、女性にはあまり評判がよろしくないようで。。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

国内外の無垢板 :: 2008/11/06(Thu)

081106_1559~0002テーブルの奥に無垢板
国内外の無垢板、チーク、せん、栃、ケヤキ。手前に見えるテーブル、イスはチーク材。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木像たちとデッサン :: 2008/11/06(Thu)

081106_1558~0001木像のバックにデッサン
木像たちのバックに、裸婦のデッサンが4枚見えます。アンチーク木像は魔除けと思われます。
裸婦デッサンは、グループでモデルさんをお願いして、一回2時間、4ポーズ程度を描いていますが、
本当に、要素が多様で難しく、奥の深さを感じています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

I邸、外観の南面アプローチ、エントランス :: 2008/11/05(Wed)

I邸アプローチ
5月から建設中の、I邸が11月3日、無事に竣工引き渡しを迎えました。
数枚の写真で、ご紹介致します。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

I邸、居間の吹き抜け :: 2008/11/05(Wed)

I邸居間
I邸、居間の吹き抜け、455ミリピッチに架けた梁材。その上に、杉の厚板30ミリが直接貼られて、
2階の床剛性を高めています。奥は、対面型のキッチンです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

I邸TV台、階段、 :: 2008/11/05(Wed)

I邸TV台
I邸、TV台、階段、玄関ホールとの間の引き戸。見えている木はすべて、杉材です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。