日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

木愛の会講演会「木の建築の可能性を探る」 :: 2009/10/31(Sat)

木造都市研究会・木愛の会 講演会「木の建築の可能性を探る」

腰原先生講演会2,4IMG_1216_convert_20091031115417
 私が、代表世話人を務めます、木造都市研究会・木愛の会で、表題の講演会を開催しました。
以下は、ご案内のコピーです。秋の行事の多い時期で、参加者が少なかったのは残念でしたが、
大変興味深い研究をされている講師の腰原先生のお話は、
あっという間に1時間半が経ちました。
****************************************
 木造都市研究会 木愛の会 講演会のご案内
 木の建築の可能性を探る
  講師:腰原幹雄氏(東京大学生産技術研究所准教授 木質構造学)

 今回は、講師に腰原幹雄先生をお招きして木の建築の可能性についてうかがいます。
腰原先生は、木質構造を専門とする構造家で、住宅、公共建築の構造設計とともに、伝統木造・近代木造の調査や保存にも携わっておられます。

古くから木材を使用してきた日本。腰原先生は、時間軸と建物規模で木構造建築を分類し、それぞれの構造的特性、問題点を浮かび上がらせ、日本の木造建築を俯瞰するなかで、現代の木造建築を展望されています。「文化として守らなければいけない木造建築がある。

その一方で、今、新しい素材として木が提示されたらどう使うか。今までのしがらみや単純な木造信仰といったものを断ち切ることで、新しい「木」がどんな楽しい空間を生み出すかに向かっていける」と語る腰原先生。
今、日本の木造建築がどのような状況に置かれているのか、木造建築の普及を阻むものは何か、先生のお話を通して、もう一度「木の建築」をとらえ直し、これからの日本の都市と建築を考えていきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

●日時 2009年10月24日(土) 15:30~ 17:30 (15:00より受付)
●会場 丸美産業株式会社 5階会議室
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

絵画鑑賞 :: 2009/10/26(Mon)

 知人が3人、出展されている絵画展を鑑賞してきました。

第17回と歴史もありますが、私の鑑賞は今年で3回目です。
メンバーは現役を退かれてから長い、70代以上の方の会で,
最高齢の方は90代とお聞きし、驚きと尊敬です。

腰を据えて取り組まれて居られることを感じさせる、
熟練作に多数出会いました。
知人のお一人は今年、日展入選を果たされました。
気になった作品が多数ありましたが、数点アップしてみます。

乱流、清水昭 091023_1642~0001

「乱流」油彩
渓流の澄んだ水が、岩の上を激しく流れていくさまが、見事に描かれていました。
水の下の岩の色が実に巧みに表現されていました。

春の上高地A、加藤邦彦、水彩091023_1639~0001

「春の上高地A」 水彩(ガッシュ)
乱暴にも思える、思い切った筆使いで、深い樹木の中にいぶく春の息遣いが、
見事に表現されていました。

漁港、有木喬、ガッシュ091023_1641~0001

「漁港」 パステル
写真では見えない、細いワイヤーが多数描かれています。
繊細な表現ですが、漁に出港する漁船の緊張感も感じられました。

私が小学高学年から中学生のころ、コンクールに出すため、
漁港を題材にして、画用紙に不透明水彩で描いたころを懐かしく思い出しました。
(大抵何か、賞を頂きましたが、最高賞は、高知新聞のこども新聞主催で、
小5のときに1週間、高知から関西、関東への社会科見学、招待旅行でした。)
そうしたことが背景にあって、その延長に、建築家を志すことになる、
本人にも分らない芽が、潜んでいたのかも知れません。

安曇野黎明、富田憲、091023_1640~0001

「安曇野黎明」 油彩
壮大なアルプスを背景に、澄んだ清流の流れを遠近感豊かに描かれていました。
雪山にさす陽光の一瞬の捉え方も見事です。

他の人の、優れた作品を鑑賞すると、参考になり、励みになることはもちろんですが、
まだまだ手の届かない、奥の深さを感じます。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

豊田市美術館 :: 2009/10/18(Sun)

豊田市美術館池越し091010_1237~0001

豊田市美術館池越しに臨む

谷口吉生氏の設計です。久しぶりの訪問です。
おととし訪ねた、谷口氏設計NYの現代美術館は、都心のビルに囲まれた敷地での
改修増築でした。全然環境が違っていて興味を持って見てきました。

 芸術の秋堪能と言いたいのですが実は、娘の大学の課題で、
美術館レポートのお付き合いです。
 誘われてOKしたものの、運転手やら、入場料やら、昼食まで持たされる羽目に^^;

東アジア文化を題材の企画展をやっていました。

「近代の東アジアイメージ」 2009年10月10日[土] ~ 12月27日[日]
おもに昭和の初めから戦前に支那、満州、朝鮮で日本人画家の描かれた作品です。
思いもよらない題材の、スケッチや油絵に遭遇し、見入ってしまいました。

豊田市美術館池越し北091010_1210~0001

池越しに、北の林を望む
以前訪れた時より、ずいぶん茂っていて森になっていました。

高橋節郎1000846_convert_20091016170409

 高橋節郎館の、漆の作品の素晴らしさは何回見ても、言を待ちません。
 撮影禁止なのにノンストロボで1枚だけ、スミマセン。。

 正午過ぎまでゆっくり鑑賞していましたが、若い人が随分多いのが印象的で、
企画展のテーマにひかれてとは思えず、不思議でしたがいい傾向と思いながら、
美術館を後にしました。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

中央アルプス(宝剣岳・前岳・中岳・木曽駒ヶ岳)登山とスケッチ :: 2009/10/13(Tue)

中央アルプス(宝剣岳・前岳・中岳・木曽駒ヶ岳)登山とスケッチ

お天気に恵まれた連休の中日に、午前3時名古屋出発で、
紅葉を描きに,中央アルプスの宝剣岳、中岳などに出かけました。
(スケッチは7枚描けました。うち5枚をアップしています。)

午前5時ころ駒ヶ根の臨時駐車場着。

駒ヶ岳ロープウエイ始発しらび駅091011_0757~0001

午前5時過ぎから、駒ヶ岳ロープウエイ行きのバスに乗るため、
長蛇の列に並びました。
1時間半待たされ、しらび平駅(写真のように混雑中)着は7時15分。
ここでも1時間半待たされました。想像以上の人出にうんざりです。

 やっとロープウエイに乗れたら、標高2612mの千畳敷き駅までは、
わずか8分の乗車時間でした。
しかし、日本最高所駅までの眺望は、迫力満点でした。
 ところが、想像と期待に反して紅葉が見当たらないのです。
何故??

 聞いたところでは、8日の台風18号の暴風で、
紅葉が吹き飛ばされたとのこと。
紅葉を描きたい思いも、吹き飛ばされました。^^:

縮小千畳敷きカールP1000856_convert_20091014153611

スケッチ・千畳敷きカール越し宝剣岳091013_1347~0001

スケッチ・標高2612mの千畳敷き駅から見た、千畳敷きカールと宝剣岳です。

やはり、期待の紅葉はさっぱり見当たりません^^;
 10年以上前に、温泉旅行でここまで来ましたが、
当時、登ろうという気は全然なく、初秋の景色だけ楽しんだ覚えがあります。

 今回は、さあ出発です。最も、2900mまでといっても、
標高差では350メートルそこらの登山ですから、
登山道は、まるで蟻の行列のような、大層な人出となっていました。

駒ヶ岳千畳敷きカール登山道から見下ろし091011_1031~0001

登山道途中から、ロープウエイの千畳敷き駅(雲に隠れかけています)
を見下ろしたところです。
約300mの標高差とは言え、仰ぎ見ると急斜面で、
登りはかなりキツイです。

スケッチ・千畳敷き登山道から駅方面を見下ろす091013_1357~0001

途中で休憩を兼ねて、スケッチしました。
あっと言う間に雲に隠れるので、雲海の上にいることを
意識させられます。
滅多に見られない富士山が、遠方に時々見られました。

縮小norikosi P1000864_convert_20091014154054

やっと着いた!
周りの宝剣岳、前岳、中岳などの頂上が一望出来る、
駒ヶ岳乗越浄土です。
誰もが、わ~素敵!いいね!と感嘆していました。
そこから宝剣岳(2931m)を望む。

縮小天狗岩越し宝剣、マチュピチュΗP1000867_convert_20091014153920

宝剣岳頂上と、天狗岩を見る。
宝剣岳頂上手前では、待ちの列ができており、とてもそこまで
して登ろうとは思いませんでした。
(左手の宝剣頂上の先端に、人が両手を広げて立っています)

天狗岩バックに田中P1000872_convert_20091016170109

腰を下して、スケッチしていると、いくつかのグループが、眺望に浸りながら、
あれが何岳?と聞きあっています。

時々先ほどのグループが、地図を広げて確認した山の名と、
異なることで迷っているので、何々岳ですよと、
にわか登山者の私が、教えてあげたりしました。

丁度、お昼になったので、持参したおにぎりをほうばる。
快晴のもと、パノラマの眺望で食べると、至福の時を感じます。

スケッチもお腹もひと段落で、登山者に頼んでシャッターを
切っていただきました。

スケッチ・宝剣岳、天狗岩091013_1353~0001

スケッチ・宝剣岳、天狗岩を見る。
(右奥眼下に恵那山が見えています)

石碑越しに宝剣岳091011_1323~0001

何の石碑かと読んでみると、明治25年に宮田(ふもとの地名)から、
駒ヶ岳への登山道を開通させたとありました。
当時に思いを馳せると、当然ロープウエイなどなく、
並大抵の労苦ではなかったろうと、
感慨に耽り(ふける)ました。

中岳頂上091011_1239~0001

中岳頂上への登山道。近くに見えますが、山荘の大きさで
結構距離があることが、おわかり頂けると思います。

中岳、駒ヶ岳への標識091011_1228~0001

中岳(2925m)、駒ヶ岳(2956m)への標識です。
後ろに見えているのが、中岳です。
木曽駒ヶ岳は、中岳に隠れていてこの位置からは
見えないのです


中岳端に御たけ20091017151658_convert_20091021133209

中岳への登山道から、6月に初本格登山した御嶽山も西北の方角に、
くっきりと見えていました。


中岳頂上091011_1239~0002

中岳(2925m)、頂上。
左手に駒ヶ岳が目と鼻の先に見え、頂上まで15~20分ほどですが、
想像していた雄姿とは言えず、(西から見ると良いらしい)
中岳止まりで、満足した次第です。

マチュピチュ・P1000878_convert_20091016170305

中岳(2925m)、頂上から宝剣岳、天狗岩と
(通称)ペルーのマチュピュチュを望む。
一見、インカの遺跡マチュピュチか?!
と見まがう得した気分に。

中岳から前岳、宝剣岳望む(正)091011_1244~0001

中岳から宝剣岳を望む、左先が前岳ですが、
画面では切れています。次の写真に続きます。
富士山が、遠方の中央に時々見られました。

縮小中岳から前岳�P1000877_convert_20091014153708

中岳頂上から、前岳頂上を見る。
数人の女性グループが、携帯バーナーでスープを
温めて楽しそうに食事の準備中でした。
その様子も見やりながら、下のスケッチを描きました。

スケッチ・中岳から宝剣、天狗岩マチュピュチュ091013_1350~0001

スケッチ・中岳(2925m)、頂上から宝剣岳、天狗岩と
(通称)ペルーのマチュピュチュを望む。

スケッチ・乗越浄土から前岳091013_1349~0001

スケッチ・乗越浄土から前岳を望む

下山時は、かなり急いで休憩なしで下りましたが、
ロープウエイ乗車整理券番号を見て、2時間待ちで、
ガックリ。
気を取り直して、千畳敷きカールをスケッチしました.。
(最初にアップのスケッチです)
3時半ころにはずいぶん日が傾き、影が長くなっていました。
************************************************

下山後は、駒ヶ根で楽しみの温泉に浸かりました。
高速道通行料1000円の恩恵は受けましたが、
ご多分にもれず、すごい車の数です。

簡単に標高3000m近くまで行けるようになって、良いのか悪いのか?
秘境に到達したという感慨が薄れて行き、何やら考えさせられました。
いささか早朝からの疲れも手伝って、睡魔との戦いでしたが、
午後9時過ぎには名古屋に帰着しました。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

台風一過で、食欲の秋^^* :: 2009/10/09(Fri)

台風一過。
台風18号は伊勢湾台風と、同じコースを進んできたので、
緊張しましたが、
高潮が懸念された、満潮の時刻より早く通過したのと、
暴風が伊勢湾から名古屋港へ、押し上げられるのが、
若干コースが東にずれていたため、避けられたようです。

 8日の午前4時半ころ、暴風音で目が覚め、
TVで台風情報を見たりしました。
予報より、ずいぶん早く名古屋に接近していました。
玄関のドアを少し開こうとして、暴風の凄さを感じました。
でも、感心したのは、その風の中を朝刊が、
すでに配達されていたことでした。
感謝!!

名古屋は、想像よりも軽い被害で何よりでした。
もし、被災されたようでしたら、お見舞い申し上げます。
ということで、食欲の秋です!という話も、気兼ねなくできますね。^^:
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

炭火焼料理 天白山
フィットネスクラブ通いで、体の組成分析維持を意識し始めてからは、
極力脂っこいものは避け、動物性タンパク質摂取も魚介類にしています。

天白山1、090909_2143~0001

が、時々肉を食べたくなったら出かけるのが、徒歩で行けるここ。
地下鉄名城線、平安通駅交差点から1分です。
店舗デザイナーによるインテリアで、落ち着いた雰囲気です。
お勧めは、肉盛りセット(カルビ、セセリ、トントロ、牛ホルモン、野菜)1450円。

天白山2、090909_2144~0001

 各テーブルの七輪の炭火で焼き、私はポン酢ダレが好きですが、
甘ダレもあります。特にお値打ちなのがボトルキープで、
ちなみに芋焼酎1800円です。
 日本酒が好みですが、体調維持で焼酎に切り替えています。
この写真は、たまに呑む水割りになっていますが、
大体年中お湯割りで呑んでいます。
  1. 未分類

大学祭シーズン :: 2009/10/03(Sat)

大学祭シーズン到来です。
女子大2校の、非常勤講師を務めていますが、そのうちの1校が、
10月10日から大学祭を開催します。11月初旬頃が多いので、早い方でしょう。
校舎の壁に色とりどりの垂れ幕が下がっていました。

名女祭091002_1121~0001
名女祭アップ091002_1121~0003

女子大らしく華やかです。私も学生時代は実行委員で
奔走した思い出が、蘇ります。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

フィットネス・体組成分析カルテ :: 2009/10/02(Fri)

フィットネス・体組成分析カルテ、なるものをアップしました。
実はこれが、私が通い始めて5年半経った、フィットネスクラブの
成績表みたいなものです。
大体2か月に1度、データをとっています。インストラクターのお嬢さんには、
もっと頻度あげて採ってくださいと言われますが。。本人はこれで十分です。

体のサイズは、身長、体重から脚、腕回りまで出ます。
あと、内臓脂肪レベル、筋肉量、体脂肪量、体脂肪率、BMI(身長に対する体重),
部位別筋肉量、基礎代謝量、筋肉バランスなどが出ます。
気になるのは、体脂肪率、BMIですが、それぞれ、15%までと、
23kg/m3までに抑えています。ばっちり適正値です。^^*

フィットネスカルテ091002_1733~0001

フィットネスカルテの右上に、スコアが表示されています。
左横が基準表で色分けされていて、赤は90~プロアスリート、
濃いオレンジが80~で、スポーツ選手とあります。
ちなみに私は今回81、前回83ポイントですので、これに該当しています。
測定の分析カルテの、80ポイント以上維持のため、
頑張っているようなところは否めません。^^:

 ジムでトレーニング中は、全然楽しくありません。
 苦痛ですが、汗をかいて、お風呂とサウナに入り、頭の中を真っ白にして、
シャワーでスッキリすると、気分が晴れ晴れしています。
同年輩の方や、よく見かける方が頑張っていると、
自分もやるか!と励みになります。

たばこをやめてずいぶん経ちますが、ひと月のたばこ代程度の会費で、
健康がゲットできますから、お勧めと思います。

カルテアップ、091002_1741~0001
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。