日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

年末のご挨拶 :: 2009/12/29(Tue)

謹啓
今年も残り少なくなりました。
今日からお休みの方も、お見えになるやも知れません。

不況の厳しさが、12月の後半に配られてくる、カレンダーや手帳に
如実に表れました。カレンダーの数も減りましたが、
卓上カレンダーと手帳が消えたのには驚きました。
 例年皆で分けてもまだ、余るほど配られて来るのですが。
毎年、飾る場所も決めて楽しみな、大型カレンダーがついに消えました。
あの大企業までもと、不況風の強さを思い知らされました。

 何はともあれ、今年1年間私の拙いブログに、
お付き合いくださいました皆様には、心より御礼申し上げます。
思うような雑感がUPできず汗顔の境地です。
来年も、引き続き心に留まった事柄を書いて行きたいと思いますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 30日から5日まで、年末年始の休業に合わせて、
PCから離れることとします。
例年のように、高知の田舎へ帰省してきます。

 年末年始は冷えこむ予報です、どうかお体をご自愛なさって、
良いお年をお迎えください。                     敬具

                   田中英彦(連空間都市設計事務所代表)



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

餅つき :: 2009/12/23(Wed)

田中餅つき2、091223_1145~0001 田中餅つき1、091223_1146~0002
毎年恒例の餅つきです。つき手は筆者です。
我がマンションは、私の設計ですが、13戸すべて間取りが違います。
(設計するほうも施工するほうも、大変な労苦の末完成しました)
いわゆる、コーポラテイブハウスなのです。住人同士の交流は、
年間行事が組まれていて、各シーズンごとに楽しんでいます。
冬は、餅つきと忘年会がセットで、今年も無事過ごせたことを
感謝し共に楽しみます。
小春餅つき091223_1147~0002
これは、高校生のお嬢さんがつき手で、返しが父親のコンビです。
ほほえましいです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

地鎮祭 :: 2009/12/16(Wed)

澤井邸地鎮祭091214_0952~0001
鉄骨5階建ての事業所兼住宅のアスベスト除去、解体を経て
地鎮祭が執り行われました。
 木造2階建て専用住宅が着工します。1月中に、基礎工事を進めながら、
奥三河に出向き、使用材(主に杉)の材木検査を終え、
2月中旬に建て方、3月上旬に屋根工事まで完了し、竣工は6月下旬の予定です。
おもな工程に達しましたら、ブログでご紹介します。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木愛の会・3周年総会記念講演会とパーテイ :: 2009/12/14(Mon)

横内先生講演091213_1608~0001
木造都市研究会「木愛の会」3周年総会が開かれました。
代表世話人の私が、議長を務め議案審議を無事終えました。

引き続き記念講演会として、
建築家・京都造形芸大教授・横内敏人氏をお招きして、
「和」と題して語っていただきました。
後半は、京都大大学院教授・高松伸 木愛の会会長との対談
「木の建築の可能性」が行われ、
90名の参加者が熱心に耳を傾けました。

横内先生囲んで91213_convert_20091214180855
終了後、講師の両先生を囲んで記念写真の撮影です。横内先生の後、
白っぽいジャケットが筆者です。

木愛の会パーテイ2、091213_1901~0001
木愛の会パーテイ091213_1911~0001
懇親パーテイーは、同じビルの1階ホールに移り開催しました。
木愛の会副代表世話人を務めます、メンバーの会社(ランドスケープデザイン・施工)の
スタッフが、手作りで準備して下さいました。
竹や生花と料理をテーブルコーデイネートしてあり、とても綺麗で手をつけるのが
躊躇われました。
この会も設立から3年経過し、次年度は木造都市構想を取りまとめ、
報告(発表)することを活動の柱としました。
木の良さ、魅力、建築への未知の可能性を広め、循環型社会の主役は木であることを
啓蒙してゆきたいと考えています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

鉄骨5階建て、解体着手 :: 2009/12/11(Fri)

南東091126_1337~0001
先のブログで、アスベストの除去工事をご紹介しましたが、
いよいよ11月下旬、鉄骨5階建て本体の、解体工事に着手しました。
一挙に解体の進行をご紹介します。

5階南091126_1340~0001
5階の床から解体の作業を見たところです。
床の穴は、解体材を下に落とすためのものです。

kaitaui P1000924_convert_20091211155314
上の写真の状態から、10日ほど経過した状態です。

higasiminami P1000925_convert_20091211155414
一階に立って撮った写真ですが、ガラの山が一階分ほど積み上がっています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

第5回 小学校建築教室に参加 :: 2009/12/09(Wed)

白鳳小2、
第5回 小学校建築教室に参加してきました。
学校の先生方や小学生に、建築のことを知ってもらい、ひいては、
将来、建築設計に関心を持ってほしい、父兄にも理解が広がれば、
との思いで数年前から、JIA(日本建築家協会)愛知地域会で、
取り組んでいる行事なのです。
私は今年で2回目です.


白鳳小1091209_1117~0001
尾張旭市の、某小学校6年生の3クラスが取り組んでくれました。
各グループ、割りばし54膳(108本)と輪ゴムで工夫して、
過重に持ち応えられる、支持構造体を考えて作るというもの。

白鳳小3、091209_1140~0001
こんな感じの、支持構造体が作られました。
上にベニヤ板を載せて、その上に何人が乗れるか、いよいよコンテストです。

白鳳小4、091209_1157~0001
一人乗っては5カウント数え、次の人が乗っていきます。

白鳳小5、091209_1200~0001
このグループが、1番多人数乗ることができました。
なんと9人です。
昨年までの記録が7人でしたから、いかに多いか分かります。
先生方のグループも初参加でしたが、二人でアウトでした。

 このあと、校長先生を囲んで、給食をごちそうになってきました。
ゆとり教育の反動で、このような総合学習の時間が圧縮されると昨年聞かされ、
心配していましたが、開催できたことは何よりでした。
 理解のある校長先生で、先生方も真剣に、また支援に駆けつけた建築家たちも、
子供と一緒に、楽しむことができました。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。