日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

黒川・御用水で、お花見 :: 2010/03/29(Mon)

黒川・御用水で、お花見をしました。

お花見2、convert_20100329113130  お花見convert_20100329113037  お花見3、convert_20100329113227
今年も、北区の黒川御用水で、お花見をしました。
直前の冷え込みで、まだ5~6分咲きくらいでしたが、
十分鑑賞には耐えられました。ここの桜は山崎川にも匹敵するくらい、
堤から川面に垂れ下がっていて、実に美しいと思っています。
人出はまだまばらで、静かに花見ができました。
次の週末あたりはかなりの人出で、ピークになるでしょう。

 黒川という川名ですが、地図を見ても黒川という川はありません。
流れている川の名は堀川です。

少し調べてみました。

「庄内川から名古屋城まで、水が初めて通ったのは1663(寛文3)年。堀川掘削は1610(慶長15)年ですから、それよりも53年後のことです。それまでは名古屋城に流れる川は無く、堀川には名古屋城から湧き出る自然の水が流れていただけです。しかし堀川の水質が悪化し、現在の守山区龍泉寺の南側から庄内川の水を取り入れ、名古屋城のお堀までを結ぶ幅約3メートルの水路が作られました。それが御用水です。

 さらに1877(M10)年に、御用水に並行するように黒川が開削されます。その後、御用水はだんだんと水質が悪くなり、上水道が整備され利用価値が無くなってしまいます。そこで市は御用水を埋め立て散歩道にする計画を立てます。実際の埋め立て工事は1972(S47)から74(49)年にかけて行われ、桜の木が植えられました。それが全長1.6kmの御用水跡街園として現在は川沿いの緑道となっています。」とのこと、

 御用水の方が埋め立てられていたのですね。そして庄内川からお城へ流れる川は1本となり、
堀川と名前が一本化されます。
黒川の名は、庄内川から導水した当時の役人の名前、と云うのを読んだことがあります。
スポンサーサイト
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

姪っ子の結婚式 :: 2010/03/23(Tue)

姪っ子の結婚式が、横浜であり列席してきました。

富士山100321_1316~01
車で家族と向かいましたが、連休の中日でしたので、大渋滞に加え、
黄砂のひどい日で周りの車も、被災?状態でした。
富士山の良く見えるSAで休憩した時に、見通しの悪い中、
富士山が5合目あたりまで、表れました。(写真ではイマイチ??です)


P1010252_convert_20100323114606.jpg  P1010261_convert_20100323114726.jpg  P1010263_convert_20100323115959.jpg
 新婦は弟の長女で、高知に在住ですので、親族や友人は高知竜馬空港から、
羽田経由で横浜の会場に来ました。
3月上旬の間際になって、おじちゃんスピーチ頼みたいと,
姪っ子から電話で依頼されました。
良く聞くと、新郎の主賓の次とのこと。
結局、新婦側親族代表で、御礼とお祝いのスピーチをやる羽目に^^;

 手前味噌ながら、麗しい花嫁でした。久しぶりの結婚式列席でしたが、
リフレッシュしてきました。右の写真で、天を仰いでいるのが弟で、
涙が落ちるのを我慢しているようにも見えます。
 2人姉妹の妹も、関東に嫁がせることになるそうで、心中察するところありです。
長い間の、遠距離恋愛を経てのゴールインですので、幸せになってほしいと
心から願いました。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

S邸、断熱材工事完了 :: 2010/03/17(Wed)

S邸、断熱材工事が完了しました。

2階断熱材1010232_convert_20100317115357 吹き抜け_convert_20100317114652
白っぽく見えていますのが、ロックウール断熱材です。
外壁側の断熱材は、結露など湿気が発生しやすいため、
グラスウールはさけて、ロックウールを入れることにしています。

床下配管convert_20100317114926 洗面床下。P1010235_convert_20100317115103
 洗面所、WCの床下配管です。敷地のサイドにスペースがないので、
床下を転がし配管しています。床に掃除口や床下点検口を設けますので、
メンテナンス的にはこの方が、トラブルがあっても発見でき、
対処はし易いと思います。

外観convert_20100317114531
透湿防水シート(タイベック)を張っています。
外壁材との間に、胴縁という17ミリ程度の木を打ち、
通気を確保しています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

早咲き桜! :: 2010/03/14(Sun)

早咲き桜にびっくり!
先日、新聞で写真が掲載されていましたが、偶然通りかかりました。
少し肌寒い街中に、これほど咲いているとなんだか、季節感が違って見えます。
名古屋のメインストリートの1つ、桜通りの泉2丁目交差点から北へ、
数百メートル続いています。


KC3T0005.jpg KC3T0002.jpg

KC3T0003.jpg KC3T0004.jpg
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

S邸、サッシ取り付け完了 :: 2010/03/09(Tue)

S邸、アルミサッシ取り付け完了しました。

Sconvert_20100309164128.jpg

2,_convert_20100309164217  3,_convert_20100309164307
アルミサッシのカラーは、外壁にガルバリウム鋼板(断熱材裏打ちタイプ)を
ツートーンで予定していることと、内部から、あまり目立たないカラーとして、
シャイングレーという、シルバーの柔らかい感じのカラーとしました。

右の写真は、坪庭に面したサッシです。主に採光と通風の役目ですが、
株立ちの植栽を予定しています。
ダイニングに面していますので、緑や風を運び憩いの空間として、
家族だんらんに、一役買ってくれることを期待しています。。

4,_convert_20100309164351  5,_convert_20100309164501
外部に白く見えているのは、透湿防水シートです。読んで字のごとく湿気は通過させますが、
雨水は防ぐ役目です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

S邸中間審査、合格 :: 2010/03/01(Mon)

S邸が中間審査の工程に達しましたので、審査に立ち合いました。
指摘事項なく合格しました。

貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+005_convert_20100301155231 貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+002_convert_20100301155030
通し柱135角、管柱120角、火打ち土台105角の杉材ですので、審査員に
余り見慣れなくて太いですねと言われました。

個人的に関心をもたれたので、私は10数年前から、地元材にこだわっていることや、
実際に奥三河の山まで行って伐採や、木材も見学すること、
この家は奥三河材で造っていることなど、
いろいろ話をさせていただきました。


貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+007_convert_20100301155357 貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+006_convert_20100301155310
引き抜き対応のボルトや、柱と斜材を緊結する金物です。
以前のボルトで締めつけていた頃よりは、材の欠損が少なくなりましたが、
補強金物の多用には、疑問を感じています。

貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+009_convert_20100301155448 貔、莠暮ず縲∽クュ髢捺、懈渊010縲・・・+001_convert_20100301154950
垂木の間には、厚さ50mm、32kg/m3のグラスウール断熱材を入れています。
一見柔らかいボード風です。
標準は厚さ100mm、16kg/m3ですが、こちらはふわふわです。
OMソーラーハウス(太陽の熱エネルギーによって、屋根面で集熱して、床下に暖気を
送って床暖房し、余分なエネルギーでお湯も採って貯湯タンクにためて給湯する)
は、屋根面の断熱が重要ですので、その設計時のノウハウを生かしています。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。