日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

豊田元町ヴィレッジ完成、2年経過 :: 2010/04/22(Thu)

豊田元町ヴィレッジ(賃貸アパートメント)完成から、2年経過しました。
(2008すまいる愛知住宅賞、愛知県森林協会賞受賞)

北西からP1010325_convert_20100421103923 エントランス正面P1010335_convert_20100421102948
新緑の季節は、くい打ち機や重機搬入など工事に支障になり、
伐採の運命かと思いながら、苦労して残したもみじの緑が鮮やかです。

外観エントランスP1010336_convert_20100421104055 西階段ドアP1010328_convert_20100421103339
階段や、廊下の手すりに杉材を使いました。検査機関や行政と協議するも、
耐火建築に前例がないと云われ、何とか実現したいと説得したことが、
思い起こされます。
杉材は試行的に無塗装にしましたが、
経年してコンクリートの打ち放しにマッチして、
成功と思いました。塗り替えが不要というメリットがあります。

北館と階段P1010327_convert_20100421104244 通路P1010329_convert_20100421103811 中庭P1010334_convert_20100421103625 西の庭自転車からP1010330_convert_20100421103509
通路や中庭や、西側の庭木が建物に馴染んできました。
コンクリートの打ち放しが、2年の経年を感じさせず、
きれいです。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「建築の森展」始まる :: 2010/04/20(Tue)

「建築の森展」が始まりました。JIA(日本建築家協会)東海支部主催で、
私もメンバーの、愛知地域会住宅研究会が主管した展示会です。

建築家の頭の中を見るという副題が付いている、ユニークな展示会です。
4月20日~4月25日まで、豊田市美術館で開催されています。

簡単に展示内容をご紹介します。

建築の森100420_1610~01

建築の森裏
上の2枚が、パンフレットの表と裏です。これまでの建築展とまったく違って、
設計作品のパネル展示は、全くありません。
入口を入ると、種の森、発想の森、迷いの森、格闘の森、喜びの森と名づけられた、
ゲートのような木製の箱が続きます。


全体遠景convert_20100421100340 建築の森全体1010324_convert_20100420174425 

床に模型convert_20100421100513 写真アルバム見積もりP1010314_convert_20100420173219 mitumoriアップP1010319_convert_20100420174016 
過去の住宅模型も置かれています。上の写真は、過去の見積書を鉄筋で突き刺したもので、
予算と設計の格闘をイメージさせてくれます。

カンナ、メガネ1010321_convert_20100420173635 スケッチ遠景P1010316_convert_20100420173818 田中スケッチP1010323_convert_20100420174233
私の、旅のスケッチが展示されている様子です。

外観で文字P1010310_convert_20100421100650
JIAと書かれているのは、これまでに住宅研究会メンバーの設計した住宅の、
外観写真を小さくして、寄せ集めて描いたもので力作です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

卒業設計コンクール :: 2010/04/17(Sat)

「東海学生卒業設計コンクール2010」の1次審査が開かれました。
私は、このコンクール委員会の委員長を務めています。

卒計P1010288_convert_20100417114505
今年は、東海地区の大学等から、56作品の応募があり、
1次2次審査で10作品の入選を選びました。

卒計P1010292_convert_20100417114651
いずれも、レベルの高い力作ぞろいで、審査委員間で議論が相次ぎ、
午後1時から5時までみっちり掛かりました。
近年の特徴は、自然回帰や農に関しての作品が目につくことです。
大規模開発的なテーマはほとんど見かけなくなりました。
加えて、女子学生の奮闘が際立ってきたことです。
6月12日(土)に、公開の審査で金、銀、佳作、審査員特別賞が選ばれます。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

S邸、外壁材貼りと床暖房パネル完了 :: 2010/04/07(Wed)

S邸の、外壁材貼りと、床暖房パネル敷きが完了しました。

外壁convert_20100406171700
外壁材は、ガルバリウム鋼板の裏にウレタン断熱材の
裏打ちタイプです。カラーはセピア(濃茶)がメインで、
ベランダの部分にアクセントカラーにシルバーを使ったツートンです。
いい感じにコンストラスとが効いて、木部格子などが入れば、
おしゃれな仕上がりになると思います。

床暖房遠景_convert_20100406170752  床暖房_1、convert_20100406170634
床暖房のパネルは、9ミリ厚の断熱材の表面に、
0,2㎜程の発熱フィルムの貼られたタイプです。
発熱の立ち上がりの早いのと、一定温度キープで節電が特徴で、
上に杉やヒノキの無垢材を張って使ってきました。
当初は、空いたり反りなどが心配でした。
暖房中は多少隙間が分かりますが、オフのときには、
元に戻っているので、何軒も見て不安が消えて使っています。

 右の写真の左端に少し見えているのが、ヒノキの無垢フローリングです。
ほとんど節のない無節に見える仕様です。
張りあがれば、美しいと思います。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

黒川・ご用水の桜、その2 :: 2010/04/03(Sat)

黒川・御用水の桜も見おさめ。
満開の桜ですが、今週中には散ってしまうでしょう。
「さまざまなこと思い出させる桜かな」、芭蕉の句ですが、正に言い当ててると思います。

100402_1311~01 100402_1311~02

100402_1313~01
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。