日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

木愛の会 第2回コンペ、講演会、プレゼン公開講評会、表彰式開催 :: 2012/05/28(Mon)

木愛の会 第2回コンペ講演会、プレゼン公開講評会、表彰式開催
5月26日(土)、木造都市研究会「木愛の会」主催の、
「間伐材丸太による小建築―木造都市での可能性を問う」と題した、設計競技の入賞者によるプレゼンテーション、公開の講評会、表彰式が開かれました。

会場の、名古屋大学ES館1階の、ホールとエントランスロビーを使い13:30~17:00まで開かれました。
コンペ講評会4、会場名大ES館、KC3T0137
会場となった、名古屋大学ES館

コンペ講評会5、受付、
エントランスロビーを使って、107点の応募作品中、1点以上得票した作品40点を展示しました。

コンペ講評会2、作品展示に見入る学生、KC3T0141
学生にはさすがに関心が高く、パネルの表裏の作品を熱心に見入っていました。

2012,5,26,コンペ講評会1、KC3T0157
会場となったホールで、木愛の会の代表世話人を務めます、私の開会挨拶を皮切りに、宇野享先生(大同大教授)の講演会に続き、入賞者によるプレゼンが行われました。
内容もしかり、賞の発表後も、自身で部分模型を作って、検討を重ねている発表もあり、全体にレベルの高さを認識させてくれました。

コンペ講評会6、会場に女子学生多し、KC3T0142
女子学生の参加が多く(私が講師を務める女子大学が多かったのですが。。)会場が華やかになります。

コンペ講評会最優秀賞、プレゼン、KC3T0148
優秀作から実際に施工する事が、売りのコンペでしたが、選ばれたのが、この作品「Wooden Crack Planter」でした。
間伐材丸太で組まれたプランターに土と枯れ葉を詰めて、腐葉土にし間伐材の隙間から植物を育て、一部の丸太を 除じょに引き抜き、空間を作って行くという案で、実施場所は決まり次第、会のHPで発表されます。

コンペ講評会3、表彰式、KC3T0159
表彰状は杉板に、レーザーで文字を焼き付け手作りしたオリジナルです。高松伸会長(建築家/京都大学院教授)から表彰されました。

閉会後は、受賞学生、審査員、会の世話人合同で懇親会が開かれ、忌憚なく意見交換出来、交流を深め大いに盛り上がりました。
今回のコンペで、若い人が、思ったより「木」に関して関心を持っていること、柔らかな発想で新しい木の使途が表れそうな、新鮮な息吹を感じ取りました。

この会も2006年12月~6年目ですが、「木」の魅力、可能性に少しづつ弾みが付いて来たようで、今後の展開に
期待を抱かせてくれました。

スポンサーサイト
  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木愛の会 第2回設計競技 公開講評会+講演会 :: 2012/05/25(Fri)

私が代表世話人を務めています、木造都市研究会「木愛の会」主催の
 第2回設計競技 公開講評会+講演会、表彰式、 が、26日(土)午後1時半~5時まで、名大ES館1階にて開催されます。

「間伐材丸太による小建築―木造都市での可能性を問う」と題して、
学生対象にコンペを行い、全国から107点の応募がありました。3月の末に審査を行い、8点の入賞作が
選ばれました。4月3日のブログにご紹介しましたが、http://www.kiainokai.net/event/1203compe/index.htmlで、
審査結果が見られます。優秀作品の中から1点、実際に施工する作品の発表も行われます。

KC3T0134.jpg


  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

金環日食 :: 2012/05/21(Mon)

金環日食、見られましたか?
昨日までお天気がパッとせず無理、と周りの諦めの声を聞いていました。
私も諦め派の一人でしたが、
なんと、上天気!しまった、日食グラスがない^^:

小学生のたしか5,6年生の頃、部分日食を見るため、黒い下敷きやガラスにろうそくの火で
すすを付けて、見た記憶が。。(あとで調べると1963年7月21日らしい)
それも間に合わず、TVを付けると3局ほどが、生中継中でした。

金環日食2、KC3T0131

金環日食1、KC3T0133
なんとも締まらない、TVでの天体観測となりましたが、記念すべき日、2012年5月21日には違いないかな?と
気を取り直し、インターネットで、少し検索すると朝日新聞が読者から応募、記者も撮影した写真が、
http://www.asahi.com/special/2012annulareclipse/gallery/0521/ で、見られました。

  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ゴールデンウイーク その2 :: 2012/05/07(Mon)

ゴールデンウイーク その2は、帰省です。
昨夜のゴルフコンペパーテイも少し控え目に、4日の早朝娘と2人で高知に出発しました。
後半の2日目ですので、そんなに車は多くないのでは?と高を括っていました。
全くはずれて、予想の9時間(通常7時間半)をオーバー、11時間を要してやっと高知の実家着でした。
その夜は、兄弟ファミリーと会食^^
帰省、奈半利川越し北西P1030236 
実家の近くを流れる奈半利川です。少し上流に行くと、坂本竜馬と近江屋で暗殺された、陸援隊隊長、中岡慎太郎の生家(今は記念館)があります。

帰省、鯉のぼり、P1030241
帰省、鯉のぼりアップ、P1030242
男の子の、端午の節句に上げる鯉のぼりは、高知のこの季節の風物詩、「ふらふ」と言われる6畳以上ある、
木綿に武将や金太郎などが描かれ(染められ)鯉のぼりと一緒に空を泳ぐ様は勇壮です。
少子化と核家族で年々、姿を消していくのが残念でなりません。

帰省の目的は、お墓の掃除や、空家の実家の管理と、田んぼの賃貸借契約更新です。、
翌日は、それらを済ませて、伸び放題の庭木剪定や、雑草刈りの作業で心地よい汗を流しました。
帰省、南庭、剪定前広角、P1030231
 剪定前の南側の庭、かりん、しだれ梅、うばめ樫、紅葉、銀杏、藤、手前にびわ、酢橘(すだち)などが、
年末に手を入れてもこの様です。

帰省、剪定後、南庭紅葉アップ、P1030251 剪定後の南側の庭

帰省、つわぶき、P1030245 
足元に、つわぶきが大繁殖しています。
帰省、小川脇の小花、P1030253 
東側の隣地との境に、清流の小川(農業用水)が流れ、
瀟洒で華麗な花を咲かせています。

帰省、東庭、剪定前、P1030229 
東側の庭もこの通り、目を覆いたくなります。

帰省、剪定後、東庭、南から、P1030255 
汗だくで剪定ばさみを入れ、何とか庭木らしくなりました。
帰省、東庭、足元P1030256
地べたには、つわぶき、どくだみ、つつじ、あせび、千両など自生物も多く、丁寧に世話すると、
それなりに楽しめるのですが、何せ名古屋~高知は、ちと遠いのです。

帰りは、渋滞を避けるには夜間走行しかないと、5日の午後10時前高知発、娘と交代で運転、
睡魔と闘いながら、午前5時に名古屋着でした。食事休憩なしですと7時間少々です。


  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ゴールデンウイーク その1 :: 2012/05/07(Mon)

今年もゴールデンウイークがあっと言う間に過ぎて行きました。
第7回 JIA愛知美術サロン展(4月24日~29日)開催は先のブログでご案内しましたが、
4月28日、29日は、美術サロン展の会場当番、29日は最終日ですので、
会場片づけと出展作品搬出でバタバタでした。
s-出展作品と田中、P1030223 油絵3点と

30日はゆっくりし、5月1日、2日は平常とおり、3日は久しぶりのゴルフコンペでした。
午前中は雨の予報だたお天気も、朝から曇りと絶好のコンデイション。
スコアは後半崩れガクッと来ましたが、ドラコンをゲット!
フィットネスクラブで今年は、筋トレを真面目にやっている成果か、最近飛距離が伸びてきたので、
ヒョットしてと淡い期待をしていました。
あと1つも、距離は勝っていましたが、僅かにファーストカットにかかり残念でした。

名古屋に戻っての表彰式と打ち上げパーテイで、皆さん明日から連休の人ばかりで、
盛り上がり2次会ですが、明日の早朝、高知へ帰省とあって、早目に退散しました。

  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。