日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

受水タンクの清掃 :: 2012/07/31(Tue)

事務所の入っている集合住宅(コーポラテイブハウス)で、日曜日に毎年恒例の、受水タンク、高架タンクの清掃・消毒、共用部の清掃を、住人総出(各家庭一人以上)で行いました。住人が、管理会社と契約せず自主管理しています。その一環の行事なのです。

曇り空で幾分助かりましたが、少し動くと汗びっしょり!

サンコミサンコミ、012,6,30剪定済、北側、外観、P1030408 サンコミ1階の受水槽KC3T0185
1985年12月完成のマンション(設計者は筆者)、コーポラテイブハウスなので、窓が自由な間取りを表しています。コンクリートの打ち放しですが、7年ごとに外壁の高圧洗浄と撥水剤塗布をしていますので、以外と古さを感じさせません。
 庭木は、以前は住人で剪定していましたが、大木になって来たのと安全のため、庭師さんに3年前から依頼しています。南側の敷地内の楠や、こならの大木、北側のタブの木、トウカエデ、アベリアを剪定後の、スッキリした外観です。右下に13家庭の使う、上水の受水タンク(5t)があり、ポンプで屋上の高架タンクに送っています。

サンコミ受水槽ポンプ、KC3T0186
これが、一階の受水タンクの下部に設置されているポンプです。これまで1回壊れ取り替えていますが、
二機が自動で交互に運転しているため、意外と長持ちしています。

サンコミタラップ、KC3T0175
EV機械室の壁に埋め込まれたタラップで、EV機械室屋根の高架タンク設置のレベルまで
上がって見下ろしたところです。白っぽく見える配管は消火管で、火災発生時に消防隊到着まで、
奇数階に設けられた放水口から、タンクの水が消火管から放水出来ます。

サンコミタンクの上、KC3T0188
タンクの中をスポンジで洗い消毒、外部は柄のついたブラシで汚れを落とします。保健所に勤務する住人の、
配合した消毒液を噴霧機で吹き付けます。
毎年やって来たので、次の代の子供に引き継ぐため指導しています。

サンコミ屋上タンク越し南西、KC3T0177
タンクのレベルから、南西方面を見ると名古屋城、名古屋駅前の超高層ビルが望めますが、
霞んでいて残念ながら写真では見られません。

サンコミ消火管、KC3T0180
設置後20数年と経年しているので、消火管の錆びチエックのため、ラッキングと保温材を1部はがしました。

サンコミ消火管、KC3T0179
この部分は、異常なしです。

サンコミ錆びた消火管、KC3T0181
この部分は、雨水が保温材に溜まり、かなり錆びが来ていました。
どこまで取り換えが出来るか、専門業者に相談です。

何とか昼前に完了。お昼は料理が趣味のお父さんが腕をふるってくれた料理と、バーベキューでした。
ウナギにあり付け、しばし値段高騰が話題に。

自分の設計した集合住宅のメンテナンスに、直接かかわっている建築家はほとんどいないのでは?
経年変化は、設備関係も含めこれまでの設計で、随分活かされました。

サンコミ手スリサンコミ手すり、7,31、
このタンク清掃の週明けに、外部階段に手すりが設置されました。

サンコミ手スリサンコミ手すり、7,31、P1030421
住人に60代が多数になり、避難時とかEVが使えない時のため、早めに付けておこうと言うことです。
3,11以降、防災担当が決まり、災害時のマニュアル作りに掛かっています。



スポンサーサイト
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木愛の会 第2回コンペ 実施作の製作 :: 2012/07/16(Mon)

木造都市研究会 木愛の会 第2回コンペ(5月26日表彰式)の

優秀作の中から1点 「Wooden Crack Planter」が実施作に選ばれました。
http://www.kiainokai.net/で見られます。

その試作品の製作に、この日は朝から、木愛の会のコンペ実行委員会メンバーを中心に7名で、木愛の会のメンバーが代表の、景観デザイン・施工会社の、敷地ガーデンに集合。
門柱造りにチャレンジしました。

門柱製作ご案内ポスター、P1030415
製作ご案内ポスターです。
植栽用の庭木の生い茂る、とてもいい感じの芝張りスペースで作業を開始。

門柱製作012,7,13、門柱製作、2、P1030411
ゆっくり緑を眺める余裕もなく、メンバーが、奥三河から調達し、トラックで運んできた間伐材丸太、H1,500、φ90~130くらいの材にボルトを通し、ワッシャーをナットで締めていきます。
この段階で、汗びっしょり! 

門柱製作完成品と材料、P1030414
何とか門柱用4本を組み立てました。

門柱製作ボルト通し完成品に緑をP1030416
緑が芽吹くとこんな感じ?とシミュレーッション。この後土入れ作業です。

門柱製作土入れ試作、1、P1030420

門柱土入れ試作、3、P1030418
高麗芝がベルト状の土に芽吹き初めたものを、上部から落とし込みます。土と汗で見るより重労働。

あと2本を残し昼食。この会社にある喫茶部の方が、燻製や中華風ピザの手作りランチ(目を奪われ写真を撮り忘れました)を頂きました。
ガーデンの隅に張ったタープ下にセットされた、ガーデンテーブルやチェアまで何度も運んで頂き、
もちろんノンアルコールビールですが。。お値打ちで至福の時でした。

上手く芽吹いてくれるか、乞うご期待です。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

古代ギリシャ文明 :: 2012/07/04(Wed)

エーゲ海に眠っていた、古代ギリシャ彫刻に鮮やかな色彩が施されていた。

先日TV番組を見ていて、驚きました。大英博物館に何万点も保管されていますが、その昔、
英の美術品売買商人の命で、色彩を薄く削り、擦り取った証拠の道具品が出てきたそうです。

なんでも、英の王女の婚礼で着用した、純白のドレスが大評判になったのが切っ掛けで、白が高く売れると
彫刻や建造物も白く削ったそうです。驚きました。
古代ギリシャ古代ギリシャ3、KC3T0161
BC14世紀ころの狩猟の図、色彩が施されています。

古代ギリシャ古代ギリシャ2、KC3T0164
CGで再現されたパルテノン神殿(BC447年~438年)
古代ギリシャ古代ギリシャ 1、KC3T0163
全然想像していなかった色彩です。

古代ギリシャ文明は、BC7世紀ころから栄え、大神殿建築はBC400年代に建てられています。
原点(ルーツ)はエジプトにあり、BC500年代の王に、青銅の兜に身を固めたギリシャ軍が雇用され、
その数3万に及ぶそうですが、さまざまな巨大像や神殿のエジプト(文明)文化に感銘を受け、技術を持ち帰って、
誕生させたそうです。

地理的にはあり得ることですが、さすが4500年前にピラミッドを造った古代エジプトですね。



  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。