日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

名大、豊田講堂 :: 2012/09/13(Thu)

名古屋大学に建つ、豊田(とよだ)講堂の見学会と、設計者である、槇文彦氏の講演会に行ってきました。

豊田(とよだ)講堂は、1960年に完成。トヨタ自動車(当時はトヨタ自動車工業)から寄贈されました。
設計に当たられた、槇文彦氏の32歳の作品ですが、日本を代表する、モダニズム建築の1つです。
2006年~2007年に耐震改修を兼ねて改修・増築工事がなされています。
2011年(H23年)登録有形文化財に指定されました。

012,9,12、豊田講堂西外観、P1030645
豊田講堂西外観

012,9,12、豊田講堂西外観アップ、P1030647 012,9,12、豊田講堂西外観アップ、P1030648
豊田講堂西外観アップ。改修後に近くから見るのは初めてで、説明をお聞きすると、
劣化やひび割れが目立ち、もとの躯体を数センチ溌(はつ)りとり、杉の型枠板を使って
5,5センチ厚のコンクリート打ち放しで打ち直したと聞き、正直驚きました。

012,9,12、豊田講堂屋上から西眺望、P1030650
普段上がれない、豊田講堂屋上から西の眺望

012,9,12、豊田講堂屋上から西眺望アップ、P1030651
豊田講堂屋上から西の眺望アップ。図書館が眺望を阻害しているため、名大キャンパス30年計画では、
地下に移し、地上から西の名古屋駅方面が見通せるとか。

012,9,12、豊田講堂吹き抜け、P1030656
改修で、右側の壁に格子の取り付けがされています。

012,9,12、豊田講堂2階から、P1030657
豊田講堂2階から。この日から、日本建築学会の全国大会が名大で始まり、シンポが開かれていました。
講堂に2階からそっと、入りました。この後、設計者の槇文彦氏の講演会が行われました。

012,9,12、槇氏、豊田講堂、P1030662
設計者の槇文彦氏の講演会終了時に、撮影しました。82歳と思えない語りに、エネルギーを頂きました。
登録有形文化財指定は、築50年が1つの目安とかで、設計者が存命中に指定されるのは極まれのことで、
今後まずないとのこと。
スポンサーサイト
  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ベトナム訪問(2) :: 2012/09/07(Fri)

ベトナム訪問の3日目(9・2)は、ホーチミンにある竹の建築を見て回りました。
まず。Bamboo Doom cafe wNw 2006年 / 設計者:Vo Trong Nghia(ボチョンギア)

ベトナムP1030556
Bamboo Doom.屋根・壁の萱の色が、建築当初の黄茶色から経年で、渋くなっています。

ベトナムDoom-CafeP1030555
Bamboo Doom。外観は思ったより小さく見えました。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom.入口階段、P1030557
Bamboo Doom。入口は一段高くなり、階段で上がって下がります。
窓下レベルいっぱいまで水面を感じさせるためか?

ベトナム012,9.2,バンブーDoom.内部、中2階、P1030559
内部空間は、外観からの想像よりかなり広い印象です。中2階にも客席があり、
ステージが見られるようになっています。
音楽ホール + 喫茶レストランの用途の様ですが、訪れた時は、休業日なのか?
もう営業してないのか、腰かけやテーブルが隅に片づけられていました。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom.内部、照明、P1030564
吊りさげられた照明です。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom.内部、上部ディテール、P1030565
内部、上部ディテール。竹に熱を加えて、真っ直ぐにしたり、アールにしたりの技術は、
わたしの子供の頃、竹竿を造るのに、七輪の炭で竹を炙り油が滲むと、
新聞で擦りながら力を加えて、曲がりを直し加工したやり方の、
大きな規模では?と想像しました。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom Cafe,入口、遠景、P1030577
ここから、隣接の NWNCafeです。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom Cafe,客席、P1030573
水面を囲むように、竹で作られたアールの屋根が掛けられ、吹き抜ける風と水面が涼感を与えています。

ベトナム012,9.2,バンブーDoom Cafe,バイク置き場内部、P1030576
来客の交通はほとんどがバイクです。
ホーチミン市の外れまで、相当な時間をかけて来ています。

ベトナム9,3、ウインザープラザホテル、1219号室から、P1030643
今回の旅で、1枚だけ描いたスケッチです。ホテルの12階の部屋からのながめです。
ごちゃごちゃした、築40年は経ている建物と、広場に開かれている市場?を描きました。

1枚しか描けなかった理由は、とにかく湿度が高く蒸し暑く、
その気にならないのと、あとは、絵になる!描きたいと思わせる風景や
画題が少ないのも原因かと。。


  1. 旅行、見学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ベトナム訪問(1) :: 2012/09/06(Thu)

8・31~9・4まで、ベトナムの、ホーチミン、ダナン、ホイアンに行って来ました。
「木造都市研究会・木愛の会」で、ベトナムツアーを企画(9・1~6)し募集しましたが、参加希望者が少なく断念しました。
現地で根回しなどのお世話になった方々への、御礼や挨拶のため、当会のツアーの担当者、事務局長、代表世話人の私の3名で、訪問した次第です。8・31夕方到着しチョロン地区(中国人街)の見学、9・1は早朝から、ホイアンの環境Cafeで主宰の方に挨拶のあと、世界遺産の古い街並み見学、9・2は竹の建築見学と、ホーチミン市街地巡り、9・3は再度ホーチミン市街地と廻り、4・1の夜帰国しました。

訳ありの旅でしたが、排水浄化環境Cafe,竹の建築や、古い街並み、ベトナム料理などの魅力に触れて、中止となったツアーの中身を改めて感じて、参加希望者に伝えられなかった事が悔やまれ残念さが募りました。。反省。

ベトナム、ホーチミンバイク、12,8,31、P1030458

ベトナム、ホーチミンバイク12,8,31、P1030459
7年前に所内旅行で、アンコールワットの帰りにホーチミンを訪れましたが、このバイクの多さは
全く変わっていません。むしろ増えてるのでは?
信号などほとんどなく、怒涛のごとく流れるバイクの波。私は市街地で横断するのは命がけでしたが、
現地の人は意に介せず平気なのには驚かされます。

ベトナム012、9・1、Ucaffe前、ツゥボン川P1030511
U-Cafeの前を流れる、ホイアンのツゥボン川

ベトナム012、9・1、Ucaffe正面外観、P1030510
U-Cafe ― 排水浄化を始め環境への配慮工夫の建築。ツアーの訪問先の柱でした。ここの主宰者(日本人・女性)がNGOなどで、日本から不要自転車を送るなどの幅広い活動から、川に垂れ流しの排水浄化、通風などの配慮されたこの建物を企画建設に至ったのです。

ベトナム012、9・1、Ucaffe3階バルコニーの水槽、西から東、P1030493P1030499
3階バルコニーの池、ここも植物が排水浄化に一役買っています。

ベトナム012、9・1、Ucaffe3階バルコニー客席セット、P1030505
Ucaffe3階バルコニー客席セット

ベトナム012、9・1、Ucaffe3階バルコニーから客席、P1030493P1030501
Ucaffe3階バルコニーから客席

ベトナム012、9・1、Ucaffe1階から、ツゥボン川を見る、P1030509
1階から、ツゥボン川を見る.この背面に浄化設備・タンクがあります。

ベトナム012、9・1、ツゥボン川沿い、P1030512
この川べりを徒歩で、ホイアンの世界遺産、古い町並みの残る市街地へと向かいます。

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街の市場、P1030515
世界遺産に指定されている、市街地にある市場

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街の市場内部を行く酒井さん、P1030517
市場内部を行く、木愛の会の世話人

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街の市場天井、P1030516
市場天井、やはり竹の野地受けが綺麗です。

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街の古物商、P1030529
古い街並みのなかにある、古物商

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街果物屋、P1030514

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街町並み、P1030521
世界遺産の古い街並

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街のブーゲンビリアP1030523
世界遺産の古い街並の屋根に、ブーゲンビリアが咲き誇っています。

ベトナム012、9・1、ホイアン日本人街、来遠橋(日本橋)P1030540
1593年日本人によって掛けられた、木製の橋、来遠橋(日本橋)、日本人街があり1000人も住んでいたとのこと。

ベトナム012、9・1、日本人街、P1030546
古い民家を改装し、店舗に利用のパターンは日本でも多く、やはり再生は観光産業かと、
感じ入りました。


  1. 旅行、見学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。