日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

京都府丹波美山「茅葺の里」、スケッチ旅行 :: 2012/11/19(Mon)

京都府丹波美山「茅葺の里」(重要伝統的建造物群保存地区)のスケッチと、
丹波篠山城大書院の見学ツアーに行ってきました。

毎年恒例になりつつありますが、JIA愛知美術サロンの主催で1泊2日、7名の参加でした。

1日目は、生憎の雨で、スケッチは諦め、美山民俗資料館の見学、美山茅葺の里の散策と、
スケッチポイントの下見で終わりました。
012,11,17,美山、由良川、P1030914
南丹市美山町の、萱ぶき集落の南側を流れる由良川(美山川)です。河畔の紅葉が美しい。

012,11,17,美山、ドライブイン北山、P1030881
茅葺の里を遠方に臨み、府道38号線に沿って建つ、美山町の重伝建地区の住人の出資による、
食事処「きたむら」、御土産処+きび工房「かやの里」、大変な賑わいで、
歴史的景観、茅葺の保存と、住人の生活の維持の、両立を感じさせられました。

012,11,17,美山、合掌の里遠景、P1030915
由良川の土手から見た、茅葺の里。約50戸の集落ですが、内38棟(4棟は鉄板覆い)が茅葺屋根の建築で、
全国で第3位の集落。

012,11,17,美山、合掌の里、スケッチ場所近景、P1030911
翌日の早朝からスケッチしましたが、下見の時真っ先にスケッチポイントと決めた場所です。

スケッチ、美山茅葺の里、遠景、P1030932
雨もようやく上がり、朝8時半には陣取り、1枚目のスケッチ開始。F6のスケッチブックでしたので、
予定より手間どり約1時間半で、何とか書き上げました。

012,11,17,美山、合掌、2軒、P1030908

012,11,17,美山、合掌の里、5軒、P1030891

012,11,17,美山、合掌の里、2軒、P1030890

012,11,17,美山、民俗資料館西遠景、P1030889
美山民俗資料館西側の遠景。

012,11,18、美山、資料館スケッチ場所P1030918
美山民俗資料館。この建物は、約200年前の中層農家住宅でしたが、H12年に火災で焼失し、
H14年に再建・復元されました。

スケッチ、美山民俗資料館、P1030931
2枚目のスケッチ。美山民俗資料館、午前10時過ぎ書き始め、11時が集合時間でしたので、
少し焦り気味。段々観光客が増えてきて見えなくなったり、加えて止んでいた雨がパラパラ!
完成を見ず集合場所へ。皆さんが揃うまでに完成させました。

012,11,17,美山、民俗資料館、縁側屋根、P1030896
美山民俗資料館、縁側屋根

012,11,17,美山、民俗資料館、縁側から、P1030897
美山民俗資料館、縁側からの風景

012,11,18、美山、自然文化村「河鹿荘」、P1030916
美山町、自然文化村「河鹿荘」、

012,11,18、美山、自然文化村「河鹿荘」別棟、P1030917
「河鹿荘」別棟。この建物に7人が宿泊しました。

012,11,18、丹波篠山、お菓子の里、P1030922
丹波篠山、お菓子の里

012,11,18、丹波篠山、お菓子の里合掌屋根裏、P1030925
丹波篠山、お菓子の里合掌屋根裏

012,11,18、丹波篠山、お菓子の里、昼食、P1030920
丹波篠山、お菓子の里、昼食。名物の黒豆はこれから収穫で、12月~食べられるそうです。

黒豆で財をなした町。倉持の家が散見出来ました。

初日は雨で、残念でしたが、美山の萱ぶきの里は、想像以上に風情があり、
日本の原風景を堪能できました。




スポンサーサイト
  1. 趣味(スケッチ・絵画、鑑賞、)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

紅葉狩り :: 2012/11/15(Thu)

日本のもっとも美しいシーズン、秋真っ盛り。
やっと紅葉狩りのチャンスが!

6年ぶり位ですが、御在所岳ロープウエイで、山上公園駅(標高1,180M)まで行って来ました。
御在所岳頂上は1,212Mです。
11,12、御在所ロープウエイから、P1030860
11,12、御在所ロープウエイからP1030868
山頂当たりの紅葉は、10月下旬が見ごろだそうで、少し遅くこの時期ですと中腹(標高400Mあたり)が、
見ごろとのことです。針葉樹の緑と、広葉樹の紅葉が織りなす自然美です。

11,12、御在所ロープウエイから、P1030869
振り返ると、菰野の市街地が箱庭の様です。

11,12、御在所頂上を見る、P1030863
山上公園駅から出ると、左手に御在所岳の頂上が見えています。
冬はゲレンデに変わります。

11,12、御在所から、鎌ヶ岳、P1030865
御在所岳から、鎌ヶ岳を望む。
P1030878.jpg
少し、別の場所から鎌が岳をスケッチしました。

11,12、湯の山温泉、、P1030873
11,12、湯の山温泉、旅館翠月、P1030874
川のせせらぎの聞こえる、鄙(ひな)びた、和風旅館に泊まりました。
麓も紅葉が始まっていました。

P1030880.jpg
写真寄り少し手前から、スケッチしました。

11,12、湯の山温泉、旅館翠月、P1030871
湯の山温泉、和風観光旅館「翠月」の玄関側です。昭和30年ころ旅館の登録をしたそうですから、
丁度、ロープウエイが開通(S34年)したころの様です。5部屋しかないのですが、
内部の造りは当時のままで、天井や木製の建具にとても風情がありました。


  1. 旅行、見学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

歴史まちづくり講演会 :: 2012/11/06(Tue)

文化の日、歴史まちづくり講演会が、金城学院高等学校 榮光館で開催され、
天気も良かったので、マウンテンバイクで、聞きに行って来ました。

題名は、「文化のみちの近代建築物」講師:瀬口哲夫氏(名古屋市立大学名誉教授)

    「あいちトリエンナーレが目指すオープンアーキテクチャー」
                 講師:五十嵐太郎(東北大学教授・あいちトリエンナーレ2013芸監督)

     その後、長屋頼子氏(金城高等学校教諭)のコーデイネートで、両氏の対談
     「歴史的建築物を活かしたまちづくりについて」がありました。

11,3,金城高校、榮光館遠景、P1030853
金城学院高校、榮光館(S11年築、設計:木戸武男)遠景、

11,3,金城高校、榮光館外観、P1030852
金城学院高校、榮光館

11,3,金城高校、榮光館内部、階段とカラーガラス、P1030850
榮光館内部、階段とカラーガラス、

11,3,金城高校、榮光館内部、P1030849
榮光館内部、2階ホールの手すり壁

11,3,金城高校、榮光館内部、P1030842
榮光館内部、演壇との境のアール壁が美しい

11,3,金城高校、榮光館パイプオルガン、P1030844
榮光館パイプオルガン

11,3,榮光館内部、対談、P1030846
長屋頼子氏(金城高等学校教諭)のコーデイネートで、瀬口哲夫氏(名古屋市立大学名誉教授)
五十嵐太郎氏(東北大学教授・あいちトリエンナーレ2013芸監督)の

「歴史的建築物を活かしたまちづくりについて」の対談。


     
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。