日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

年末のご挨拶 :: 2013/12/30(Mon)

PC300129.jpg

謹啓

今年も、あと僅かとなりました。
新年の準備など、年末を慌ただしく過ごされて居られることでしょう?
冒頭の写真は、手製のしめ飾りです。玄関脇に取り付けました。

 来年は消費税もUPし、国政の行方も不安ではありますが、国民に秘密のない、
平和な国へ舵を切ってほしいものです。

 私事ですが、数日前からギックリ腰^^;
フィットネスクラブでストレッチ、筋トレを怠らずやっているのに。。
はっと、気づいたのが、ほぼ1年前からランニングマシンでの、
ランニング、ウオーキングをサボっていますが、そのツケのようです。
来年の課題ができました。

 明日夜から例年のように、渋滞を避けるため車で夜通し7~8時間ほど走り、
高知の田舎へ帰省はしてきます。今年は元旦の天気が良く、初日の出を見られました。
年明けも見られるかもと期待しています。
空き家になっている実家の庭木の剪定や、お墓の掃除が主目的です。
兄弟ファミリーに会って一杯が楽しみです。

 年末年始は、どうかお体をご自愛なさって、良いお年をお迎えください。                                                 
                                敬具

          田中英彦(連空間都市設計事務所代表)
スポンサーサイト
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

餅つき :: 2013/12/27(Fri)

今年も、恒例の餅つき・忘年会を行いました。
もうかれこれ29回目、現在はマンションの管理組合理事長を努めていますので、
準備から参加です。
前夜に、もち米をとぎ、水に浸すため各家に分配も理事長の役目。
当日は、餅つき道具の臼、杵、蒸籠(せいろう)を近くの保育園から、
お借りするので、朝から台車で運搬します。

大体、50分くらいで、蒸しあがったもち米を杵でこねて、餅をつき始めます。
PC230111.jpg
こんな感じで、2台の火お越しの上に蒸籠をセットして、蒸し上がったら下の蒸籠から、臼に移して
搗きます。

PC230123.jpg
小生も、2臼参加しました。

PC230128.jpg

PC230113.jpg
親子で仲良く、娘さんが返し役です。
搗きあがった餅は、その場で、きな粉、あん、摺り大根、にまぶして、
振舞われます。これが美味!
あとは、丸めて各家庭で分配しました。
夕方からは、集会所で腕自慢のお父さんが調理長で、何人かお手伝いして、料理はすべて自前で、
忘年会です。これを数十年続けています。
  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

しめ縄作り :: 2013/12/16(Mon)

少し早いのですが、日曜日に町内会主催の餅つき、しめ縄作り会が町内の公園で行われました。
毎年参加して、しめ縄を作ってきます。

麦藁や、飾りの小物(飾り扇、稲穂、水引、松の葉、紅や黄色の木の実)を町内の世話役さんが、
用意してくださっています。近年稲刈りがコンバインに変わって麦わら、稲穂の取り置きは、
その時期を逃すと困難になりますから、その労苦に感謝です。

PC080031.jpg
20数年前子供たちの通った保育園の隣が、会場の公園です。

PC080030.jpg
お天気は最高!気温も寒さが一時緩み、なにより。
ずいぶんケヤキが大きくなりました。

PC080032.jpg
傍らでは、清掃で集めた枯葉で、バーベキューです。
町内周辺の、造り酒屋の初しぼりが振舞われ、
至福のひと時です。

PC080027.jpg
これが今年の私の作ったしめ縄です。

  1. 生活の移ろい、雑多なマイドキュメント、
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

次世代ソーラーそよ風(太陽熱利用床暖・お湯採り)採用A・K邸 :: 2013/12/16(Mon)

次世代ソーラーそよ風(太陽熱利用床暖・お湯採り)採用A・K邸
が、煙試験を行いました。

軒先から取り入れた空気が、鋼板(ガルバリウム)屋根と野地板上のフェルト間を
通って、棟の北側に設置された、チャンバーに届くころには、
40度以上の暖気となっています。
それを床下に送り、床を暖め、噴出し口から出る暖気が部屋を暖めます。

その空気(暖気)を漏らしては、せっかくの集熱暖気がもったいないので、
瓦棒屋根の空気漏れがないかをテストします。

(OMソーラーハウスを31棟設計しましたが、原理はほとんど同じなので、
そのノウハウが生かせます)
PB140012.jpg
手前が、普通の棟です。1段高くなっているのが、チャンバーです。
屋根材で覆っています。

PB210018.jpg
チャンバーを横9列に並べ、屋根材で覆っています。テープで覆ってある長方形は、
非暖房季節に暖気を排気する排気口です。


PB210021.jpg
瓦棒の押さえ部をはずして点検。シーリング補修で、
収まりました。

  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。