日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

竹林居Ⅱで、「かぐや姫ズ」の演奏会 :: 2014/10/20(Mon)

竹林居Ⅱで、ヂュオ「かぐや姫ズ」の演奏会が行われました。
チェロとピアノ(電子)の協演で、昨年の川べりの「竹林居」での演奏に続き、2回目です。
安昌寺という、長久手にある400年の歴史のある古刹が演奏会場です。

第1回目は、11日(土)の和太鼓の演奏でしたが、その後13日ころに台風19号の接近に備えて、屋根のシートを取り、
舞台や腰を下ろす観客席用の柱材や、板材をグランドシートで縛って対処しておきました。

当日は18:00からの演奏開始にそなえ14:00から、屋根シートや床材を張ったり、観客席作り、照明のセットなどに追われました。とても幻想的な演奏会となりました。

s-PA190218.jpg

s-PA190219.jpg

s-PA190220.jpg

s-PA190222.jpg
s-PA190221.jpg

s-PA190226.jpg
s-PA190230.jpg

s-PA190231.jpg

スポンサーサイト
  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「竹林居Ⅱ」完成、和太鼓の演奏 :: 2014/10/16(Thu)

「竹林居Ⅱ」完成、和太鼓の演奏
長久手アートフェステイバル(NAF)の出展作品「竹林居Ⅱ」が、何とか完成し、第1回目として、
太鼓のグループ「爛漫プロジェクト」のパフォーマンスが行われました。
台風18号の影響で、10月5日(日)には、形にする予定が、材料が飛ばされないように、
台風の対処に追われました。

和太鼓の演奏日当日に、午前7時に集合して、まさにはらはらしながら、
柱、梁、屋根の母屋やアールを掛け、
床に仕上げとして、杉の30ミリの無垢材を張りました。

屋根に白の網を掛けるころには、演奏の爛漫プロジェクトメンバーが到着!!
(18:00演奏開始の1時間半前)
夜のとばりの降りる17:30頃には、観客席の設定も制作完了で、何とかセーフ!

力強い和太鼓の演奏風景写真は、カメラのストロボ性能が小さく、うまく写っていませんが、
ご紹介します。
次回は、10月19日(日)、18:00〜チェロとピアノのヂュオの演奏が予定されています。

s-P1050134.jpg

s-P1050135.jpg

s-P1050143.jpg

s-P1050144.jpg

s-P1050145.jpg

s-P1050148.jpg

s-P1050149.jpg

s-P1050151.jpg

s-P1050153.jpg









  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

美術展鑑賞 :: 2014/10/03(Fri)

芸術の秋、というわけでもないのですが、愛知県美術館ギャラリーに「白日会中部展」の
鑑賞に出かけました。JIA美術サロンでご一緒させていただいている、建築家として大先輩が、
出展されていて、ご案内DMが届いたからですが、2〜3回目になります。
その大先輩の大作と、印象に残った数点をご紹介します。
s-P1050102.jpg  s-P1050103.jpg
おなじみの「オアシス21」越に見るNHK、芸術文化センター、TV塔です。

s-P1050120.jpg
「白日会中部展」 会場風景。100号(ベニヤ板1枚くらい)クラスがずらりと並んで壮観です。

s-P1050110.jpg
大先輩の作品です。御年80歳、日展にも入賞歴があります。創作意欲に頭が下がります。

s-P1050106.jpg
これも、大先輩の作品です。御年70代後半、日展にも入賞歴があります。細やかな描写を得意とされています。
根気のある創作意欲に頭が下がります。

s-P1050104.jpg
「白日会中部展賞」、所謂、最優秀賞受賞作です。

s-P1050112.jpg
s-P1050115.jpg
まだまだ、いくつか見入ってしまった作品はありましたが、いつかはこんなレベルに到達したいものと、
儚い希望を抱きながら、会場を後にしました。
  1. 趣味(スケッチ・絵画、鑑賞、)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

竹林居Ⅱの制作 :: 2014/10/02(Thu)

竹林居Ⅱの制作に掛りました。先回のブログで、孟宗竹の切り出しをご紹介しました。
不足分の切り出しグループと、制作グループに分れ作業を開始しました。
随分過ごしやすくなりましたが、竹林で作業を始めると瞬く間に汗びっしょり。

切り出し分の本数が揃うと、制作に合流しました。

s-P1050122.jpg
切り出した後の竹林です。随分陽が差し込んでいるのが分ります。

P1050123.jpg
安昌寺の駐車場の道路側に沿って配置した舞台の、床下部分の制作に掛りました。

P1050124.jpg
孟宗竹どおしを被覆番線で緊結するシミュレーション中です。

P1050126.jpg
奥に見えていますのが、安昌寺の門と本堂です。

P1050127.jpg
この床下のコーナーに柱を建て、梁を渡し、アーチ状に屋根の受けを掛けます。
(イメージは下図)だんだん会期が迫り、週末が詰めですが、お天気が心配です。

s-竹林居Ⅱイメージスケッチ、(安昌寺道路沿い)
  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。