日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

美術展に出展作品、ほぼ完成 :: 2015/03/26(Thu)

第10回 JIA愛知美術サロン展に出展する作品、4点の内3点がほぼ完成しました。
先回のブログが2月中旬アップですから、随分空けてしましました。
反省^^;

言い訳その①、姉歯構造偽証事件後、建築設計事務所所属の建築士のみ、
  H20年から3年ごとに、建築士定期講習が義務付けされ、私は2回目の受講
  (もちろん有料で、午前9時から午後5時20分まで、昼食を挟み、みっちりです。)がありました。
  合点がいかないのは、施工会社、行政、学校の教員は受講義務がないので、最近の法改正や、
  その他更新の内容が徹底されないことです。

言い訳その②、確定申告を今年は、カードリーダーを入手し、確定申告書送信まで行いました。
   昨年は数時間、今年は2日に渡りましたが、事前の資料準備がきちんとされていれば、
   終わってみればどうってことないのですが。。

その③、は美術展出展作の制作です。これも、早くから書き始めれば慌てることはないのですが、
   1段落まで結構時間を取られしまいました。ということで、ブログの空いた言い訳でした。

    出展作4点の内、3点の写真を事前公開してみます。


この作品は、昨年11月に、奈良、京都にスケッチ旅行に出かけた際、描いた京都の、
妙法院本堂(油絵P12号)です。陽射しの陰影(これが難易度が高い^^;)を入れて完成のつもりです。

s-P1050273.jpg
これは、昨年9月にインドに行って訪れた、タージマハル(油絵P12号)です。
コラージュ風の構成の意味ですが、「世界でもっとも美しい霊廟とよばれるタージマハル(世界遺産)は、
ムガール帝国の、第5代皇帝シャージャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムタール・マハルの為に、
17年以上かけて白大理石で造った廟です。
 ところが川の対岸に、自分の廟を黒大理石で造るといい出し、三男にアグラ城に幽閉されてしまいます。
好みの白大理石で造られた自分の部屋から、タージマハルが臨めます。毎日、愛妃のことを思って眺めていたのでしょうか。。」
この絵の左下が、幽閉されたアグラ城の部屋から、タージマハルの見える風景です。
空が、3回は描き直しましたがイメージ通り描けないので、ため息です^^;

s-P1050276.jpg
これは、今年の2月末から訪れた、モロッコの世界遺産、アイト・ベンハッドウ(油絵P30号)です。

あと1点は、まだ下書き段階です。4月13日(月)が搬入ですが、F10号ですから、充分間に合うと思っています。
14日(火)〜19日(日)が会期です。(DM葉書ができ次第アップしますので、
ご関心がありましたら、お是非出かけください。(駐車場は無料です)

取り敢えず。。

スポンサーサイト
  1. 趣味(スケッチ・絵画、鑑賞、)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。