日々雑感





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

名古屋大学に、新しい建築が完成 :: 2015/06/30(Tue)

名古屋大学に、新しい建築が完成しました。
私が代表世話人を務める「木愛の会」と、「愛知の木で家を造る会」が、合同で、
講演会と見学会を開催しました。

未来社会創造機構(National Inovation Complex)略してNIC館。
産学官共同の新しい試みとのことで、1階にトヨタ自動車の実験装置があったり、
いくつかの企業の研究室や事務所が入っています。
3階に、目玉とでも言えるスペースがあり、「子育てワークプレイス」と名打って、
多世代交流や、子供を保育園から迎えて残業などがこなせる様です。
P6180328.jpg
左がNIC館、右が数年前に完成したES館です。
P6180329.jpg
NIC館の入り口から、手前に木造の自転車置き場が、

P6180330.jpg
木愛の会の世話人でもあります、設計者のT先生の、設計コンセプト等の講演会
P6180331.jpg
NIC館の、敷地形状を利用した配置等の、設計コンセプト
P6180333.jpg
多世代交流、、「子育てワークプレイス」の完成予想図
P6180343.jpg
竣工直後の上記のスペース
P6180347.jpg
ブレストスペースの、家具。デザインもオリジナルです。

P6180337.jpg
「子育てワークプレイス」は、愛知県産の杉材が使われ、大工と、複数の大学の学生の手で完成しました。
P6180339.jpg
「子育てワークプレイス」の内部。壁のプリントは、子供たちが貼ったそうです。

P6180348.jpg
P6180341.jpg
会のメンバーの手作り料理で、懇親会が開かれました。
スポンサーサイト
  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

社交ダンス :: 2015/06/30(Tue)

 またブログの間隔が空いてしまい、反省しています。
なんだか、本業以外に時間を取られています。
理由はあとで、述べます。

なんと、社交ダンスのプロの、デモンストレーションを覘いて来ました。
会場は、名古屋市鶴舞公会堂4階、何回か建築関係の講習や、
NPO的活動の報告会で訪れていますが、まったく雰囲気が違います。

なんで、社交ダンス?ですが、筆者がこれの教室に通い始め、
2か月が経とうとしています。

何を思って?と問われると、はっきりした理由は?ですが、
海外旅行時に、乗船客がダンスを踊るのを見た印象が甦りました。
始めてみると、
戸惑いの方が多いのですが、自分なりにDVD付きの解説書で、勉強してみると、
歴史や、社交ダンスへ取り組む姿勢など、興味が湧いてきます。
これまで、ワルツ、ジルバ、ブルースの3級レベルは何とかステップを覚えたレベルで、
まだまだ序の口ですが、幸い11年続けているフィットネス通いの筋トレが役立ち、先生に褒められ、
奥の深さに困難さを感じながらも、もう少し上達をと続けているところです。

少し馴れてくると、短い休憩時間で、あまり話している時間はないのですが、
見知らなかった方と知り合えたり、まさに社交も感じています。

別世界の競技者や、プロのデモンストレーションの一こまをご紹介します。
P6070314.jpg
P6070318.jpg


  1. 趣味(スケッチ・絵画、鑑賞、)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ボタニカルアート展鑑賞 :: 2015/06/01(Mon)

ボタニカルアート展を名古屋市博物館ギャラリーで、鑑賞してきました。

ボタニカルアートとは、植物を詳細に正確に描くという意味です。
世界的植物学者の(故)牧野富太郎博士が、
まだ写真が一般的でない時代に書き始めたのが、始まりと私は解釈しています。
描画は精密で、色や艶も超写実的で、感嘆します。
作者は圧倒的に女性が多いのは、本能?
P5310302.jpg

P5310287.jpg
P5310288.jpg
P5310296.jpg
P5310297.jpg
P5310298.jpg
  1. 趣味(スケッチ・絵画、鑑賞、)
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

第22回JIA東海学生卒業設計コンクール :: 2015/06/01(Mon)

第22回日本建築家協会(JIA)東海学生卒業設計コンクールの、最終公開審査が開催されました。

例年の様に会場は、名古屋金山南ビルの11F、都市センターです。
5月18日(土)の第1次審査で、45作品から入選10作品を選出しています。

今年も、筆者は司会進行役を務めました。
この日は、午前11時から、先日1次審査を通過した10作品の作者の、
模型を前にしての映像でのプレゼンテーションと、
審査員6名からの質疑応答から始まりました。
(うち女子が2名で例年に比べ少なく、一時は女子に抜かれそうでしたが。。)

いづれも甲乙つけがたい力作で、
昼食を挟み、金賞1点、銀賞2点、佳作3点、入選4点が夕方やっと決定しました。
審査委員長の講演会に続き、表彰式で幕を閉じました。

、場所を移して、入賞の学生、審査員、JIAの委員合わせて、
約30名の大懇親会で、学生にとっては直接貴重な話が聞けて、
盛会でした。
展示作品、審査風景の写真をご紹介します。
P5300263.jpg
P5300262.jpg
P5300268.jpg
P5300272.jpg
P5300274.jpg
P5300264.jpg
P5300267.jpg

ここからが、公開審査風景
P5300281.jpg
P5300279.jpg
P5300280.jpg
P5300285.jpg
P5300284.jpg






  1. ワーク、木愛の会(NPO)、JIA、大学
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。